Skip to main content

Introduction

修理をより効率良くするために、iFixit特製 Fixキット やこの簡略版修理ガイドを使ってiPhone 5のスクリーン全体を交換してください。

修理経験が豊富な方は、このガイドを使ってiPhoneのLCDとデジタイザーアセンブリ(別名:すぐにアクセスできる“フロントパネル”) のみを交換できます。この作業ではフロントカメラ、イヤホンスピーカー、LCDシールドプレート、ホームボタンアセンブリを含むコンポーネントをオリジナルのスクリーンから交換用スクリーンに移植しなければなりません。

このガイドを使って フロントパネルアセンブリのケーブルブラケットを交換できます。

代わりにiPhone 5s LCDとデジタイザ 用修理ガイドが必要ですか? 大丈夫です、これをご利用ください。

Video Overview

  1. フロントガラスにヒビが入っている場合、ガラスをテープで留めることにより、破損が広がるのを防ぎ、作業中に怪我をするの防げます。 透明の梱包用テープを、iPhoneのディスプレイ全体を覆うように貼ります。 テープを付着することでガラスの破片が飛び散らないよう保護し、画面を持ち上げた際にスクリーン構造を保ってくれます。
    • フロントガラスにヒビが入っている場合、ガラスをテープで留めることにより、破損が広がるのを防ぎ、作業中に怪我をするの防げます。

    • 透明の梱包用テープを、iPhoneのディスプレイ全体を覆うように貼ります。

    • テープを付着することでガラスの破片が飛び散らないよう保護し、画面を持ち上げた際にスクリーン構造を保ってくれます。

    • 修理作業中はガラスの破片が飛び出し、目に入ることがないように保護メガネを装着してください。

  2. 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。
    • 次の手順に進む前に、iPhoneのバッテリーを25%以下まで消費してください。充電されたリチウムイオンバッテリーはアクシデントで穴が空いてしまうと、引火や爆発の恐れがあります。

    • 解体作業を始める前にiPhoneの電源を切ってください。

    • Lightningコネクターの両サイドにある3.6 mmのペンタローブネジを2本外します。

  3. 次の手順ではデバイス本体からディスプレイを取り外します。ディスプレイはガラススクリーンとメタルクリップ付きのプラスチックベゼルから出来ています。 使用するツールに関係なく、ディスプレイ全体を引き上げなければなりません。 最初の画像の通り、ガラスがプラスチックから外れたら、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタルボディの間に差し込み、ケースからメタルクリップを押し上げます。
    • 次の手順ではデバイス本体からディスプレイを取り外します。ディスプレイはガラススクリーンとメタルクリップ付きのプラスチックベゼルから出来ています。

    • 使用するツールに関係なく、ディスプレイ全体を引き上げなければなりません。

    • 最初の画像の通り、ガラスがプラスチックから外れたら、プラスチック製の開口ツールをフレームとメタルボディの間に差し込み、ケースからメタルクリップを押し上げます。

    • 分離したディスプレイベゼルからデバイスを再組み立てする場合、デバイスを密封するためにプラスチックベゼルとガラスの間に接着剤を交換してください。

    • 次の2つの手順ではiPhone 5本体を安全に開口するために必須の工具であるiSclackの使い方を紹介します。一回のみの修理に終わらない方にはぜひ揃えていただきたいツールです。iSclackをご利用にならない場合は手順6までスキップしてください。

    • iSclackのレバーを閉め吸盤カップを開きます。

    • 吸盤カップの間にiPhoneを挟みプラスチックの溝に本体の下部を差し込みます。

    • 上部の吸盤カップはホームボタンより上に接着させてください。

    • iSclackのレバーを開いて吸盤を閉じます。iPhoneの両面、中央部に吸盤カップをしっかりと押し当てます。

  4. iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。 iSclackはiPhoneのフロントパネルが粉々に飛び散らず、安全に開口できるようにデザインされていますが、どのケーブルにでもダメージを与える場合があります。
    • iPhoneを両手でしっかりと持ち、吸盤を引き離すようにiSclackの持ち手を閉めていきます。するとフロントパネルが背面ケースから持ちあがります。

    • iSclackはiPhoneのフロントパネルが粉々に飛び散らず、安全に開口できるようにデザインされていますが、どのケーブルにでもダメージを与える場合があります。

    • 二つの吸盤カップを iPhoneから取り外してください。

    • 次の3つの手順をスキップして、手順9まで進みましょう。

  5. 吸盤カップをホームボタン上部のスクリーンに押し当てます。
    • 吸盤カップをホームボタン上部のスクリーンに押し当てます。

    • カップをしっかりとスクリーンに密着させます。

    • フロントガラスが壊れたiPhone を開封する場合、透明の包装用テープをガラス表面にしっかりと貼り、中に空気が入らないように固定します。これは吸盤カップでスクリーンを引き上げた際に壊れたガラスが飛散するのを防ぎます。

  6. 吸盤カップがしっかりとフロントパネルアセンブリと密着しているか確認してください。
    • 吸盤カップがしっかりとフロントパネルアセンブリと密着しているか確認してください。

    • iPhone を片手でしっかりと抑えながら、吸盤カップを本体背面ケースからフロントパネルを丁寧に引き離していきます。

    • 時間をかけてゆっくりと同じ力加減で作業します。このスクリーンは同じiPhoneの中でも特に頑丈に密封されています。

    • プラスチックの開口ツールを使うと吸盤カップを上に引き上げながらゆっくりとスクリーンを本体から離すことができます。

    • フロントパネル本体を背面ケースを固定しているクリップが幾つかあります。フロントパネルアセンブリを外すには、吸盤カップとプラスチック開口ツールを両方使う必要があります。

  7. フロントパネルアセンブリの両側周辺に開口ツールを差し込み、こじ開けながら両サイドのクリップを外します。
    • フロントパネルアセンブリの両側周辺に開口ツールを差し込み、こじ開けながら両サイドのクリップを外します。

  8. iPhoneの上部は幾つかのリボンケーブルで繋がっているため、背面ケースからフロントパネルを完全に取り外さないでください。 クリップがフロントパネルの下と両サイドから外れたら、アセンブリの下を引っ張り背面ケースから外します。 ディスプレイを90度まで開きます。開いて固定したまま作業するため、後ろに衝立を用意して立てかけてください。
    • iPhoneの上部は幾つかのリボンケーブルで繋がっているため、背面ケースからフロントパネルを完全に取り外さないでください。

    • クリップがフロントパネルの下と両サイドから外れたら、アセンブリの下を引っ張り背面ケースから外します。

    • ディスプレイを90度まで開きます。開いて固定したまま作業するため、後ろに衝立を用意して立てかけてください。

    • ディスプレイが作業中閉じないように、ゴムを使って衝立に固定してください。これはディスプレイケーブルが過度な力で引っ張られないようにするためです。

  9. ロジックボードに留められているメタル製バッテリーコネクターブラケットから次のネジを2本外します。
    • ロジックボードに留められているメタル製バッテリーコネクターブラケットから次のネジを2本外します。

    • 1.8 mmプラスネジー1本

    • 1.6 mmプラスネジー1本

  10. iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。
    • iPhoneからメタル製バッテリーコネクターブラケットを取り出します。

  11. プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクターを丁寧に持ち上げます。
    • プラスチック製の開口ツールを使って、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクターを丁寧に持ち上げます。

    • ソケットの周囲にある小さな表面実装コンポーネントを外さないように注意してください。

    • ロジックボードのソケットではなく、バッテリーコネクタ自体だけをこじ開けるように十分注意してください。 ロジックボードのソケットまたはボードをこじ開けると、ソケットが破壊されたり、ボード上の近くのコンポーネントが損傷したりする可能性があります。

  12. フロントパネルのケーブルブラケットが本体ボードにあることを確認してから次のネジを外します。
    • フロントパネルのケーブルブラケットが本体ボードにあることを確認してから次のネジを外します。

    • 1.2mmのプラスネジー2本

    • 1.6mmのプラスネジー1本

    • このネジは磁気ドライバーに対応しないため、取り外しの際には紛失にお気をつけください。作業終了後は正しい位置にネジが取り戻せたか確認しましょう。

  13. ディスプレイケーブルブラケットをバッテリー側に持ち上げてフックを外します。それからブラケットを取り出します。 再組み立ての際は、ロジックボードの下にある左側フックのクリップを取り付け、ブラケットをデバイスの外側に向かって下げます。
    • ディスプレイケーブルブラケットをバッテリー側に持ち上げてフックを外します。それからブラケットを取り出します。

    • 再組み立ての際は、ロジックボードの下にある左側フックのクリップを取り付け、ブラケットをデバイスの外側に向かって下げます。

  14. この手順でケーブルの接続を外したり/再装着する前に、バッテリーの接続が外れているか確認してください。 プラスチックの開口ツールもしくは爪先を使って、次の3つのフロントパネルアセンブリケーブルを外します。 正面カメラとセンサーケーブル
    • この手順でケーブルの接続を外したり/再装着する前に、バッテリーの接続が外れているか確認してください。

    • プラスチックの開口ツールもしくは爪先を使って、次の3つのフロントパネルアセンブリケーブルを外します。

    • 正面カメラとセンサーケーブル

    • LCDケーブル

    • デジタイザーケーブル

    • デバイスを再組み立てする際、LCDケーブルがコネクターから外れることがあります。これは電話の電源を入れた時、画面にホワイトラインや何も表示されない原因となります。もしこの状態が発生したら、単純にケーブルを再接続し、電源を再起動させてください。電源を再起動する方法については、バッテリーの再接続をご覧ください。

  15. 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。
    • 背面ケースからフロントパネルアセンブリを取り出します。

  16. ディスプレイアセンブリに付いている正面カメラのブラケットから2本のネジを取り外します。
    • ディスプレイアセンブリに付いている正面カメラのブラケットから2本のネジを取り外します。

    • 4.1 mmプラスネジー1本

    • 2.2 mmプラスネジー1本

  17. ディスプレイアセンブリからイヤホンスピーカーブラケットを取り外します。 ディスプレイアセンブリからイヤホンスピーカーブラケットを取り外します。
    • ディスプレイアセンブリからイヤホンスピーカーブラケットを取り外します。

  18. iPhoneからイヤホンスピーカーを取り外します。
    • iPhoneからイヤホンスピーカーを取り外します。

  19. 上部ネジのメタルブラケットの下に小さくて黒いプラスチックのスペーサーがあります。このネジはメタルブラケットからこのプラスチックスペーサーを留めています。
    • 上部ネジのメタルブラケットの下に小さくて黒いプラスチックのスペーサーがあります。このネジはメタルブラケットからこのプラスチックスペーサーを留めています。

  20. イヤホンスピーカー接続の下から取り掛かります。プラスチックの開封ツールかスパッジャーの先端を使って、正面カメラケーブルをディスプレイアセンブリから外します。 ご注意:イヤホンスピーカー接続を取り出す際は裂けてしまうことがあります。ゆっくりと丁寧に接続面を剥がしてください。
    • イヤホンスピーカー接続の下から取り掛かります。プラスチックの開封ツールかスパッジャーの先端を使って、正面カメラケーブルをディスプレイアセンブリから外します。

    • ご注意:イヤホンスピーカー接続を取り出す際は裂けてしまうことがあります。ゆっくりと丁寧に接続面を剥がしてください。

  21. 正面カメラと背面マイクのアセンブリを取り出します。 新しい部品をインストールする場合、この部品は2つのタブとその中に幾つかの穴が付いています。これは製造過程の際に使用されたものです。これらのタブはハサミで切り落とせます。
    • 正面カメラと背面マイクのアセンブリを取り出します。

    • 新しい部品をインストールする場合、この部品は2つのタブとその中に幾つかの穴が付いています。これは製造過程の際に使用されたものです。これらのタブはハサミで切り落とせます。

    • 近接センサーには小サイズで正方形のプラスチックとメタル製のホルダーがあります。このホルダーは近接センサーが正しく機能するための欠かせない重要な役割を果たしています。

    • 近接センサーかカメラを交換する場合は、ホルダーがディスプレイの裏側に接着された状態であることを確認してください。もしホルダーが古い近接センサーと一緒に取れてしまったら、古いセンサーから外して、小さい接着面を利用してディスプレイの裏側に再度貼り付けてください。

  22. ディスプレイアセンブリに留められているホームボタンブラケットから1.3 mm フィリップス #000ネジを2本取り外します。
    • ディスプレイアセンブリに留められているホームボタンブラケットから1.3 mm フィリップス #000ネジを2本取り外します。

    • ご注意:2つの1.3 mm フィリップス #000ネジを再び取り付ける際 は、ディスプレイの反対側に通じているため、ネジを強く締めないようにご注意ください。

  23. プラスチックの開封ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルの端を引き上げます。 ゴールドの接続ポイントの間にあるリボンケーブル周辺の作業では、右側から始め、終わったら左側に移ります。
    • プラスチックの開封ツールを使って、ディスプレイアセンブリからホームボタンリボンケーブルの端を引き上げます。

    • ゴールドの接続ポイントの間にあるリボンケーブル周辺の作業では、右側から始め、終わったら左側に移ります。

    • 左側から右側へ作業を移すと、接続面がフロントパネルに強く接着されているためリボンケーブルを裂いてしまう可能性があります。

    • ゴールドの接続ポイントに直接押し当ててます。他の部位に触ってしまうと半田付けを壊してしまい、リボンケーブルが外れてしまうことがあります。

    • プラスチック開封ツールを接続ポイントの下に滑り込ませるのが困難な場合は、ツールを反対側にひっくり返して、接続の右側に押し当てていき、接着面を緩めていきます。それから再度挑戦してください。

  24. プラスチック製の開口ツールを使ってディスプレイアセンブリからホームボタンを持ち上げます。 プラスチック製の開口ツールを使ってディスプレイアセンブリからホームボタンを持ち上げます。
    • プラスチック製の開口ツールを使ってディスプレイアセンブリからホームボタンを持ち上げます。

  25. ホームボタンをディスプレイアセンブリから取り出します。
    • ホームボタンをディスプレイアセンブリから取り出します。

  26. 両サイドのLCDフレームから1.2 mmプラスネジを2本ずつ外します。(計4本) 両サイドのLCDフレームから1.2 mmプラスネジを2本ずつ外します。(計4本)
    • 両サイドのLCDフレームから1.2 mmプラスネジを2本ずつ外します。(計4本)

  27. ディスプレイアセンブリにLCDプレートを留められた2本のネジを取り外します。
    • ディスプレイアセンブリにLCDプレートを留められた2本のネジを取り外します。

    • 1.4 mmプラスネジ−1本

    • 2.6 mm プラスネジ−1本

  28. LCDシールドプレートをディスプレイアセンブリから外します。 LCDシールドプレートをディスプレイアセンブリから外します。
    • LCDシールドプレートをディスプレイアセンブリから外します。

  29. 裸のディスプレイ本体が残ります。
    • 裸のディスプレイ本体が残ります。

    • 再度組み立てる際は、LCDシールド、ホームボタン、正面カメラアセンブリ、正面カメラレンズベゼル、イヤホンスピーカーを新しいパーツに移してください。

    • 交換用のスクリーンがオリジナルのスクリーンフレームと一致しない場合は、スクリーンに無理やり押し込まないでください。ガラスにひびが入ってしまうことがあります。代わりに、スクリーンを30度の角度で上側から入れてみてください。この目的は3つのプラスチック製ブラケットをデバイスのメタル製フレームの下に差し込むことと、サイドから下に向かってわずかなプレッシャーで動かすことです。

    • LCD裏側の保護カバーと新しいディスプレイアセンブリから保護カバーを取り除いたか確認しましょう。

    • ご注意:再組み立てが完了した後、スクリーンが立ち上がらないことがあります。端末をプラグに差し込み、電源とホームボタンを同時に約20秒間押し続けて再試行してください。

Conclusion

デバイスを再組み立てする際は、このインストラクションを逆の順番に従って作業を進めてください。

1565 other people completed this guide.

Special thanks to these translators:

en jp

100%

These translators are helping us fix the world! Want to contribute?
Start translating ›

Andrew Optimus Goldheart

Member since: 10/17/2009

474,532 Reputation

410 Guides authored

Team

iFixit Member of iFixit

Community

138 Members

16,494 Guides authored

141 Comments

As far as screens go, with the technology and build quality involved, I dont see this screen going under $200. Wasn't difficult at all, but there are still many steps involved. Great guide ifixit!

crevz - Reply

Actually right now they are $30 for Grade A.

Josh Bacon -

12 for a copy :D the 6s screens are also dropping, it happens every year. might be different with iphone 8 oled display though

Ethan Chow -

iPhone 8 screen replacements now less than $20 :)

Esther Goldberg -

thanx for all your great repair manuals

adam - Reply

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 0

Past 7 Days: 146

Past 30 Days: 742

All Time: 2,517,595