Skip to main content

Introduction

2007年6月29日に分解しました。

This teardown is not a repair guide. To repair your iPhone 1st Generation, use our service manual.

    • 私たちはiPhoneを手に入れました。今はフォトスタジオに向かっています。

    • 8GBのiPhoneを2台を購入しました。

    • iPhoneが到着しました!

    • 私たちがiPhoneのパーツを販売できるまでどのくらいの時間がかかるか、誰か賭けてみませんか?

  1. それでは、スペックの概要を簡単に記述します。
    • それでは、スペックの概要を簡単に記述します。

    • このiPhoneのサイズは4.5×2.4×0.5インチで、重量は約136gです。参考までに、18台のiPhoneの重量は1台のMacbook Proと同じです。

    • ディスプレイは対角3.5インチ、解像度は480×320で、153,600pixels、つまり15インチのMacbook Proの12%です。

  2. 私たちはこのデバイスをどうやって開ければ良いか、実は分からないことをなんとか、ここで誤魔化そうとしています。
    • 私たちはこのデバイスをどうやって開ければ良いか、実は分からないことをなんとか、ここで誤魔化そうとしています。

    • iPhoneは4つの主要なワイヤレス通信プロトコルをサポートしています。

    • クアッド-バンド GSM (850, 900, 1800, 1900MHz) , 802.11b/g WiFi , EDGE , Bluetooth 2.0 + EDR の4つです。

  3. ランダムファクト:
    • ランダムファクト:

    • iPhoneはH.264ビデオデコーディングに対応していると思われます。

    • 2メガピクセルカメラも備えています。

    • 昨年3月、MicronはカメラがMT9D112D00STCモデル(コードネームK15AまたはMI-SOC2020)であることを独占インタビューでsetteB.ITに語りました。

  4. iPhoneの正面です。バッテリーは箱から取り出した時に、ある程度充電されていました。
    • iPhoneの正面です。バッテリーは箱から取り出した時に、ある程度充電されていました。

    • この大きなスクリーンはドイツの会社であるBaldaによって生産されています。このスクリーンがiPodに搭載されているものよりも耐久性があり、スクラッチに耐えれるといいのですが。

  5. iPhoneの背面です。
    • iPhoneの背面です。

    • SIMカードは取り出し可能です。ペーパークリップの先端を上部の穴に差し込んで押すと、カードは出てきます(思っているよりも力を込めたほうがいいかもしれません)。

    • iPhoneをまずロック解除しなければ、他のプロバイダーからのSIMカードを使うことは出来ません。現在のところ、AT&T以外でiPhoneを使用する方法はありません。国際的に使用する唯一の方法は、アメリカのプランでローミングすることです。

  6. 私たちはiPhoneをバラバラにしました。作業には少し手こずりました。
    • 私たちはiPhoneをバラバラにしました。作業には少し手こずりました。

    • まず黒いアンテナプレートを取り外します。

    • バックパネルに、アンテナケーブルを固定し、前後のケースを結合しているアースネジがあります。

  7. 前後のケースを分離します。
    • 前後のケースを分離します。

    • バックパネルを完全に取り外してしまう前に、ヘッドフォンジャックケーブルを取り除いて下さい。

    • ヘッドフォンジャックはケースの奥に隠されているので、大半のヘッドフォンジャックはアダプターなしではフィットしません。(正しい3.5mmのプラグであってもです。)

    • Appleは、ヘッドフォンを引き抜いたときの、狭い金属製のジャックへの負荷を軽減するためにこのデザインを採用しました。硬質プラスチックのケーブルジャケットが衝撃の大半を吸収することになります。

    • ヘッドフォンには内蔵マイクロフォンも搭載されています。ボタンを押すとすぐに電話に出られます。

  8. やっとです!あなたの待ち望んでいた瞬間です。
    • やっとです!あなたの待ち望んでいた瞬間です。

    • バッテリーは大きく、ロジックボードに半田付けされています。

    • SIMカードユニットとヘッドフォンジャックがパネルの裏側に見えます。

  9. Android Fix Kits

    A new screen or battery is one kit away.

    Shop Now

    Android Fix Kits

    A new screen or battery is one kit away.

    Shop Now
  10. これは3.7v リチウムイオンポリマー電池です。
    • これは3.7v リチウムイオンポリマー電池です。

    • 少なくとも2本のアンテナケーブルがロジックボードに接続されています。

  11. 2本のアンテナケーブルの接続を外します。
    • 2本のアンテナケーブルの接続を外します。

    • 両方のアンテナコネクターの下には少量の接着剤が塗られています。おそらく、コネクターをしっかりと固定するためでしょう。

    • このケータイの信頼性を固持するために、Appleは過度な被害妄想を想定したようです。確かに、彼らはiPodに起こった問題から信頼性について学んだのです。

  12. ロジックボードをフロントパネルに固定している3本の#00プラスネジを外します。ネジは次の通りです
    • ロジックボードをフロントパネルに固定している3本の#00プラスネジを外します。ネジは次の通りです

    • ドライバーのあるところ。

    • 右上の角に搭載された黒いカメラの下。

    • ロジックボードに半田付けされたバッテリーケーブルの左側。

  13. iPhone上部に搭載されたカメラを取り出します。
    • iPhone上部に搭載されたカメラを取り出します。

    • 残念なことに、ソフトウェアの設定はありません。単純にポイントアンドクリックです。

  14. iPhone周囲に付けられた10本の#00プラスネジを取り外します。
    • iPhone周囲に付けられた10本の#00プラスネジを取り外します。

  15. バッテリーはAppleのモデルナンバーで 616-0290 L1S1376APPCです。
    • バッテリーはAppleのモデルナンバーで 616-0290 L1S1376APPCです。

  16. ロジックボードを持ち上げると、底に3本のコネクタがあります。これらはスピーカー、タッチセンサー、ディスプレイケーブルです。
    • ロジックボードを持ち上げると、底に3本のコネクタがあります。これらはスピーカー、タッチセンサー、ディスプレイケーブルです。

    • 画像の左側に確認できる2本のコネクタの接続を外します。

  17. 残りのコネクタも接続を外します。
    • 残りのコネクタも接続を外します。

  18. 固定バーを上にしてドックコネクタケーブルを外します。
    • 固定バーを上にしてドックコネクタケーブルを外します。

  19. ロジックボードの拡大写真です。ロジックボードは2層あり、内側のコンポーネントを確認することはできません。
    • ロジックボードの拡大写真です。ロジックボードは2層あり、内側のコンポーネントを確認することはできません。

    • ダメージを与えることなく、ロジックボードを2つに分離する方法が見当たりません。そのため、残念ながらロジックボードの中身については、記述できません。

  20. iPhoneからロジックボードとバッテリーを外すと画像のようになります。
    • iPhoneからロジックボードとバッテリーを外すと画像のようになります。

  21. ドックコネクターの左側にあるアンテナケーブルの接続を外します。
    • ドックコネクターの左側にあるアンテナケーブルの接続を外します。

  22. 大きな黒いプラスチックケースからアンテナリボンシートをはがします。
    • 大きな黒いプラスチックケースからアンテナリボンシートをはがします。

    • なぜiPhoneバックケースの下部に黒い部分があるのか、その理由がこれで分かります。アンテナが、この部分全体を覆っているのです。

  23. アンテナが覆っていた真空の黒色プラスチックの部分を取り外します。
    • アンテナが覆っていた真空の黒色プラスチックの部分を取り外します。

    • そこには空間スペースがいくつかあります。内部スペースで唯一、オープンな場所です。

    • タッチスクリーンコントロールプロセッサーだと思われるチップが右上にあります。モデルナンバーは S6087P1, GN03325, 2076A00R, , 1YFZASB3です。

  24. iPhoneは完全に分解されました!
    • iPhoneは完全に分解されました!

    • このスマートフォンにはiPodと違って全部で約16本ものネジが使われています。iPod Nanoには3本のネジしか使われていませんでした。

  25. さらなる検討の末、私たちはロジックボードを破壊することなくそれを開ける方法を見つけました。
    • さらなる検討の末、私たちはロジックボードを破壊することなくそれを開ける方法を見つけました。

    • 左側基板の左サイド上にあるメタルシールドの下にはSamsung製チップ(K9MCGD8U5M)が搭載されています。

    • 620 MHz ARMアーキテクチャプロセッサ ARM1176JZFが積層されたSamsungメモリ。おそらくSamsung S3C6400でしょうか。番号は339S0030ARM, 8900B 0719, NOD4BZ02, K4X1G153PC-XGC3, ECC457Q3 716です。プロセッサは2つの512megabitチップのようなSDRAM上に積層されているように見えます。プロセッサには組み込み式H.264とMP3ハードウェアデコードが付いています。

    • ARM上のチップはWolfsonオーディオチップです。パーツ番号はWM8758BGと73AFMN5です。

    • ARMの下のチップは Linear Technology 4066 USBパワーリチウムイオンバッテリーチャージャー で、AppleはiPodにも同じものを搭載しています。

  26. この画像では空白のように見える中央下部のチップにはこのように表記されています。:MARVELL, W8686B13, 702AUUP. This is Marvell's 802.11b/g18.4mm2 chip.
    • この画像では空白のように見える中央下部のチップにはこのように表記されています。:MARVELL, W8686B13, 702AUUP. This is Marvell's 802.11b/g18.4mm2 chip.

    • 右側上部のチップは、Skyworks GSM/Edge パワー・アンプモジュール(SKY77340)です。

    • Skyworksチップの左側にあるシルバーのチップは、CSR 41814 3A06U K715FBです。これはCSR BlueCore4-ROM WLCSPシングルチップで、Bluetooth 2+EDRのための無線・ベースメントICです。

    • 画像中の白いステッカーで覆われているチップには部品の番号338S0289と8G60710が書かれています。EETimesによるとこれはInfineon M1817A11だということです。

    • 青いドット付きのチップは、Intel Wireless Flash stacked 32 Mb NOR + 16Mb SRAM チップであると噂されています。パーツ番号は1030W0YTQ2、5716A673、およびZ717074Aです。EE Timesはパーツ番号PF38F1030W0W0YTQ2を追加しました。

    • 右側下部のチップは338S 0297G0719です。これがAppleブランドのチップと言う人もいますが、その目的は未だ不明です。

    • 左側下部のチップはInfineon PMB8876 S-Gold 2マルチメディア エンジンです。部品番号は337S3235、60708、およびEL629058S03です。

    • もしiPhoneのチップや内部に関する追加情報をご存知でしたら、私たちにメールを送ってください。匿名でその情報を投稿します。

  27. Final Thoughts
    • スタンダードなプラスネジがデバイス全体に使用されています。
    • 隠れさたクリップにダメージを与えずにリアケースを開口することはほぼ不可能にしています。
    • 半田付けされたバッテリーは交換がとても困難です。
    Repairability Score
    2
    Repairability 2 out of 10
    (10 is easiest to repair)

Special thanks to these translators:

100%

These translators are helping us fix the world! Want to contribute?
Start translating ›

8 Comments

Is it possible to replace touch screen only?

Zared - Reply

The IC marked as 338S 0297 G0719 is in fact a RF Transceiver – Quad-Band GSM/EDGE w/Integrated SAW Filters and PLL from Infineon, probably PMB 6258 or PMB 6272

Manuel Velez - Reply

Also do you know what chip the IPhone 1 has? I think it is call A1 since it is the first one, bu i'm not sure.

Connor Brady - Reply

@applegenius, the A-series chips started with the A4 for the iPhone 4. It’s technically called the APL0098. So no, it’s not the A1. It includes a 412 MHz single-coreARM11CPU and a PowerVR MBX Lite GPU. It is manufactured by Samsung on a90 nmprocess.^^[3^^]

All this info is blatantly stolen from Wikipedia.

Liam Powell -

So, it’s impossible to replace the battery. :(

But is it possible to buy and replace a battery-logicboard unit? :)

Pat Busch - Reply

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 20

Past 7 Days: 152

Past 30 Days: 678

All Time: 275,619