Skip to main content

Introduction

メモリーカバーはRAM取り外しレバーがバッテリーと干渉しないように保つとともにHDDを保護する役割を果たしている。

  1. コインを使ってバッテリーラッチを時計回りに90°回してください。
    • コインを使ってバッテリーラッチを時計回りに90°回してください。

  2. 持ち上げてコンピューターから外してください。
    • 持ち上げてコンピューターから外してください。

  3. Apple Watch Kits

    Screen and battery repairs just got easier.

    Shop Now

    Apple Watch Kits

    Screen and battery repairs just got easier.

    Shop Now
  4. 本体の後側にあるバッテリーの仕切りに等間隔に配置された3本のPhillipsネジを外してください。
    • 本体の後側にあるバッテリーの仕切りに等間隔に配置された3本のPhillipsネジを外してください。

    • ネジは金属製メモリーカバーに固定されているため、失くす心配はありません。

    • (翻訳者のコメント)日本で売られているJIS規格準拠のドライバーでPhillips(フィリップス)ネジを回せないことはないですが、形が完全に合ってるわけではないので無理に回そうとするとネジ山が削れて最悪の場合組み直しが出来なくなる可能性があります。Phillipsネジ用のドライバーはホームセンター等に行けばPHxxxまたはPH#xxxという表記で売られています。(xは数字で、先端の小さい順から000,00,0,1,2...という風になっています)。あるいはiFixitのストアでも売られていますのでそちらをお買い求めください。

  5. L字型のメモリーカバーを手前に引っ張り、コンピューターから取り外してください。
    • L字型のメモリーカバーを手前に引っ張り、コンピューターから取り外してください。

Conclusion

お手元のデバイスを組み立てるには、これらの手順を逆の順序で行ってください。

One other person completed this guide.

Uhucream

Member since: 10/04/2015

257 Reputation

4 Guides authored

Team

Japanese Translators Member of Japanese Translators

Community

2 Members

9 Guides authored

0 Comments

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 2

Past 7 Days: 3

Past 30 Days: 13

All Time: 438