Skip to main content

Fix Your Stuff

Right to Repair

Store

English
Japanese

Apple Watch Series 3の分解

Guide Information

= Done = Incomplete

    Describe the specific part or component of this device you're working on. Ex: Battery

    Create a title.

    This brief summary will only appear in search results.

    Communicate background information before the reader dives into the guide.

    Guide Steps

    Step 1

    手首で輝く新Apple Watch。一体中身は何が入っているのでしょうか?

    Step 2

    内部に侵入する前にX線眼鏡をかけて覗いてみましょう。

    Step 3

    さて、私たちが手にしているのは本当にApple WatchのSeries 3なのか裏側をざっと確認してみましょう。

    Step 4

    いよいよ、このWatchを分解する順番が巡ってきました。外見は変わっていないので、通常の開口方法で対応できることを願っています。

    Step 5

    ケーブルのZIF接続を外すと、ディスプレイをはっきりと確認できます。

    Step 6

    前モデルと同じように、小さなトライポイントネジによってこの先のアクセスは阻まれています。64種類の起こりえる可能性に対して私たちは備えています。

    Step 7

    iPhoneのバッテリ容量は減少し続けるのに対して、Apple Watchのバッテリーは僅かですが増量しました。

    Step 8

    これまでのところ作業は順調です。Series 2でも搭載のAnalog Devices AD7149静電容量センサ・コントローラーが付いている標準型Force Touchセンサー/ガスケットを取り出します。

    Step 9

    液体がデバイス内部に侵入した際、音の振動を使って液体を排出するデザインのスピーカーを取り出します。

    Step 10

    このシリコンを付けたままサーフィンが出来ると知っていましたか?さあこのラインアップの中に何があるのか見てみましょう。

    Step 11

    ラストコール:裏蓋。テフロン製のようなO-リングの上にプレスフィットされています。親指を差し込んでしっかりと押し上げれば取り出せます。

    Step 12

    ゼンマイ仕掛けならぬWatch仕掛けでした!

    Step 13 — 分解を終えて

    Apple Watch Series 3のリペアビリティのスコアは10点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.