Skip to main content
English
Japanese

iPod Classicのハードドライブの交換

Guide Information

= Done = Incomplete

      Describe the specific part or component of this device you're working on. Ex: Battery

      Create a title.

      This brief summary will only appear in search results.

      Communicate background information before the reader dives into the guide.

      Guide Steps

      Step 1

      Appleは、主要なコンポーネントを破壊せずに分解することが非常に難しいiPodを設計しました。金属製のフェイスプレート、金属製のバッキング、そしてケースを一緒に保持する13個(そうです、13個です)の金属製クリップのため、これは分解するのが最も難しいiPodの1つです。

      Step 2

      このiPodを開けるのは難しいです。iPodを開けるまで何回かかってもやる気をなくさないでください。注意すべきことは、プラスチック製オープニングツールをiPodに入れているときのツールの先端の角度です。

      Step 3

      iPodの表面と裏面の間の継ぎ目に、もう一つのプラスチック製開口ツールを差し込みます。そして、2つのツール間に少なくとも4cm弱程度のスペースを空け、ツールをそのままの状態にします。

      Step 4

      パテナイフを2つの開口部ツールの継ぎ目に、慎重に斜めの角度で3mm程度挿入します。

      Step 5

      パテナイフの後ろのリアパネルを指で押しながら、変形しないようにします。画像のようにパテナイフをゆっくりと曲げて、iPod側面のメタル製タブの大部分を外します。

      Step 6

      iPodからパテナイフを外して、前の手順と同じように小刻みにスライドさせながら、iPodのコーナーに付近で再び挿入します。

      Step 7

      プラスチック製開口ツールを、ヘッドフォンジャック付近のiPodの前面と背面の継ぎ目に差し込みます。

      Step 8

      ディスプレイ中央付近で、プラスチック製開口ツールで作った隙間に、メタル製スパッジャーをゆっくりと差し込みます。

      Step 9

      反対側の上部コーナー付近で、プラスチック製の開口部用ツールをiPodの前面と背面の間の縫い目に挿入します。

      Step 10

      反対側では、iPodの前面と背面の間のシーム部分にプラスチック製開口部ツールを挿入します。

      Step 11

      上部コーナーから開口ツールを取り出し、iPodの表面と裏面の間の継ぎ目に差し込みます。その際、2つのツール間に少なくとも約3.8cmのスペースを空けます(反対側と同じように)。

      Step 12

      斜めの角度にして、パテナイフを2つの開口ツールの継ぎ目に3mm程度ほど差し込みます。

      Step 13

      コーナー付近のメタル製クリップは、フロントパネルを頑強に固定しているため悪名高いです。iPodを開口するために、これらのクリップを外さなければなりません。

      Step 14

      メタル製スパジャーをゆっくりと動かして、リアパネルの中に底まで差し込みます。

      Step 15

      ゆっくりとフロントパネルからクリップを外し始めます。

      Step 16

      続けて、メタル製クリップが解放されるまで、メタルスパッジャーを使って、フロントパネルを押し上げます。

      Step 17

      リアパネルをiPod本体に接続している2本のリボンケーブルがあります。次の手順では、これらのリボンケーブルにダメージを与えないようご注意ください。

      Step 18

      スパッジャーを使って、オレンジ色のバッテリーリボンを固定しているコネクタを上部にスライドします。ケーブルを解放するには、ロッキングバーを約2mm持ち上げるだけで十分です。

      Step 19

      オレンジ色のヘッドホンジャックケーブルにストレスを与えないよう注意しながら、iPodの横にリアパネルを置きます。

      Step 20

      ハードドライブを片手で持ち上げて、下にあるヘッドフォンジャックのリボンにアクセスできるようにします。

      Step 21

      さて、iPod Classicの内部コンポーネントを解放することによって生じたダメージを修理しましょう!下部ケースのメタル製クリップの少なくとも一つは上向きに曲がっている可能性が高いです。これらのクリップは、リアパネルに再度取り付けるために、全て下向きにしなければなりません。

      Step 22

      メタルスパジャーの平面側先端を使って、リアパネルから細いメタルレールを裂かないように注意しながら、クリップを押し下げます。

      Step 23

      クリーンで硬いデスク上で、リアパネルを横にします。慎重に、しっかりと押し込みながら、外縁全体を元の位置に整形します。

      Step 24

      フレームワークからハードドライブを回転させて外し、コネクタが上向きになるように置きます。

      Step 25

      オレンジ色のハードドライブリボンケーブルをスライドして、コネクタから直接取り出します。

      Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.