Skip to main content

Notice: You are editing a prerequisite guide. Any changes you make will affect the guide that includes this step.

English
Japanese

Translating step 19

Step 19
The iMac 24" (M1) earns a 2 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):
Final Thoughts
  • The iMac 24" (M1) earns a 2 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):

  • The fans, USB ports, headphone jack, power button, speakers, and webcam are all reasonably modular and fixable in a pinch.

  • The external power supply is trivial to replace, but very difficult to service.

  • The display is tedious to remove and replace, but it's the most accessible component.

  • There’s no altering the internal storage—a severe blow to repairs, upgrades, data recovery, and even security.

  • Memory is soldered directly to the M1 package, making it impractical to ever replace or upgrade.

  • The only path of entry is through the display adhesive, making all repairs tedious.

iMac 24インチ (M1)のリペアビリティスコアは2/10です。(弊社のリペアビリティスケールに基づくもので、10が最も修理しやすい指標です)

ファン、USBポート、ヘッドホンジャック、電源ボタン、スピーカーとウェブカメラは理想的なモジュールで、修理がフレキシブルに可能となります。

外部電源の交換は頻度が高くありませんが、修理は非常に困難です。

ディスプレイの取り外しと交換は手間と時間がかかりますが、最もアクセスしやすいコンポーネントです。

内部のストレージに手を加えることはできません。修理やアップグレード、データリカバリー、さらにはセキュリティにも大きな影響を与えます。

メモリはM1パッケージにはんだ付けされています。交換やアップグレードが出来ません。

デバイスを開口する唯一の方法はディスプレイの接着剤を切開することです。全ての修理作業に手間がかかります。

Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.