Skip to main content
English
Japanese

Apple Watch SEの開口方法

Guide Information

= Done = Incomplete

      Describe the specific part or component of this device you're working on. Ex: Battery

      Create a title.

      This brief summary will only appear in search results.

      Communicate background information before the reader dives into the guide.

      Guide Steps

      Step 1 — Watchの電源を切ります

      作業を始める前に、Watchの電源を切ってください。

      Step 2 — 安全要件

      スクリーンとWatch本体の間は非常に薄いため、鋭利なブレードが両側を乖離するために必要です。作業に進む前に、次の警告内容をよく読んでください。

      Step 3 — ディスプレイ接着剤を柔らかくします

      iOpenerを準備して(もしくはヘアドライヤーやヒートガン)、Watch表面を温めて、ディスプレイの接着剤を柔らかくします。

      Step 4 — ディスプレイの開口

      ディスプレイと外側ケースの間の薄い隙間に湾曲したブレードの先端を差し込みます。デジタルクラウンに一番近いディスプレイの短辺側から始めます。

      Step 5

      隙間に開口ピックを差し込みます。

      Step 6

      クラウン付近を切開する際には、開口ピックを2mm以上差し込まないでください。

      Step 7

      開口ピックをデジタルクラウンから最も離れた短辺側に沿ってスライドし、残りの接着剤を切開します。

      Step 8

      開口ピックを使って残りの接着剤を全て切開して、デバイスを平らな作業台の上に載せます。

      Step 9

      クラウンのすぐ隣の短辺側に開口ピックを再挿入します。

      Step 10

      ディスプレイを開く際に、ケーブルを引っ張らないようにご注意ください。

      Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.