Skip to main content
English
Japanese

Samsung Galaxy Watch3 の分解

Guide Information

= Done = Incomplete

    Describe the specific part or component of this device you're working on. Ex: Battery

    Create a title.

    This brief summary will only appear in search results.

    Communicate background information before the reader dives into the guide.

    Guide Steps

    Step 1

    私たちの分解ユニットである45mmモデルのスペックを(X線画像も!)確認しましょう。

    Step 2

    まず先に、かっこいい回転型ベゼルが輝かしく戻ってきました。始終、色々と指先を動かしてしまう人にとっては朗報です!

    Step 3

    ”間違い探し”用にオリジナルGalaxy Watch(左)とGalaxy Watch 3を並べてみました。

    Step 4

    Watch 3モデルの開口方法は分かっています。そして比較的簡単です。作業手順はトライポイントネジとラバーガスケットです。

    Step 5

    このディスク型マザーボードをすくい出してみると、シールドの下に以下のものを見つけました。

    Step 6

    チップ認識、パート2です。

    Step 7

    少量の接着剤が使用されていますが、これを温めなくてもバッテリーを取り出すことができます。(おそらく室内が32度という環境によるものでしょう)

    Step 8

    私たちの上等なカーボンファイバー製スパッジャーは、このミッドフレームには十分すぎますが、難なくこじ開けれます。

    Step 9

    時計内部全体を取り出した状態になると、円形のAMOLED常時表示ディスプレイにアクセスできます。

    Step 10

    新たに解体されたGalaxyです。バンドに小さな彗星、ディスクやエネルギーが浮遊しています。このカオスを元通りに戻すにはどれぐらい簡単か、リペアビリティスコアだけがその答えを教えてくれます。

    Step 11 — リペアビリティ

    Samsung Galaxy Watch3 のリペアビリティは7/10です。(10が最も修理しやすい指標)

    Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.