Skip to main content
English
Japanese

Google Pixel 4 XLの分解

Guide Information

= Done = Incomplete

    Describe the specific part or component of this device you're working on. Ex: Battery

    Create a title.

    This brief summary will only appear in search results.

    Communicate background information before the reader dives into the guide.

    Guide Steps

    Step 1

    近頃の私たちは、高解像度を重要視していますが、この分解はこれまでで最もPixel化された分解になりそうです。さあ、このスペックを列挙してみましょう。

    Step 2

    Oh So OrangeカラーのPixel 4XLと、昨年モデルのClearly White 3XLを並べて、両モデルを比較します。

    Step 3

    もしこのスマートフォンに修理用マニュアルが付いていたら、最初の手順はこう始まるでしょう、”オレンジのカバー表面上を温めます” そこで、この手順に従ってみます。

    Step 4

    このPixelを解体するのに112ものビットは必要ないかもしれませんが、Manta Driver Kitがあれば安心です!トルクス3ビットを取り出して、ネジを外します。

    Step 5

    マザーボードにアクセスするには、ブラケットやシールドを幾つか取り出さなければなりません。それでもこれらのチップを取り出す価値があります。仕方がありません。

    Step 6

    裏側のチップです。

    Step 7

    Chip ID, ディレクターズカット、パート1です:

    Step 8

    Chip ID, ディレクターズカット パート2です。

    Step 9

    Chip ID, ディレクターズカット パート 3:

    Step 10

    分解アップデート:手順5で述べたミステリアスなSamsung製RAMチップを取り出すと、その下に新しいICチップが搭載されています。これはカスタムGoogle製シリコンだと思われますが、この表示マークは私たちに馴染みがないものです。

    Step 11

    デュアル背面カメラが取り出せますが、この2つは繋がっています。フレックスケーブル上に"wide"(広角)と"tele" (望遠)と便利なラベルがついています。Thanks, Google。

    Step 12

    次に取り出すのは、塊のような…ものです。ここにイヤホンスピーカー、マイク、環境光センサー (AMS TMD3702VC)、そしてSoliチップが搭載されています。Soliチップは、レーダーでジェスチャーを解読してくれます。

    Step 13

    GoogleはこのPixelに超スムーズな(ある時は最高で)90Hzのスクリーンを搭載しました。今の所、最強モデルと言われるスマートフォンの中でもこのスクリーンは珍しいです。

    Step 14

    設計は(残念なことに) 前モデルと同じ程度しか修理が配慮されていませんが、このパンプキンの中にいくつか新しいものを見つけました。

    Step 15 — リペアビリティ

    Google Pixel 4 XLの修理難易度は10点中4点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.