Skip to main content

Fix Your Stuff

Right to Repair

Store

English
Japanese

MacBook Air 13" Retina 2018の分解

Guide Information

= Done = Incomplete

    Describe the specific part or component of this device you're working on. Ex: Battery

    Create a title.

    This brief summary will only appear in search results.

    Communicate background information before the reader dives into the guide.

    Guide Steps

    Step 1

    Airのスペックについて明記しましょう。

    Step 2

    Airの内部探索を始める前に、この新Airの外観の特徴を確認します。

    Step 3

    X線を介した内部偵察なしでは、外観の点検は完了しません。

    Step 4

    分解前の最後の寄り道は、お気に入りのコマンドキーを外して、異物侵入を防ぐシリコーンの膜を確認することです。

    Step 5

    6本のトルクスネジと数本のケーブルコネクターを外せば、ロジックボードが取り出せますーこれはいいですね! もっともiFixit特製Marlinドライバーセットで対応できないものはありません。

    Step 6

    このロジックボードは小さいかもしれませんが、それでも素晴らしいプロセス処理能力が詰まっています。

    Step 7

    ボードを裏返すと、さらに多くのチップが確認できます。

    Step 8

    ヘッドホンジャックの反対側にはスーパーモジュラーのThunderboltポートが確認できます!

    Step 9

    このリペアフレンドリーの流れを引き継いで(というよりも、少しは修理がしやすくなった)細長いスピーカーの下にストレッチタイプの接着プルタブを見つけました!

    Step 10

    さて作業を続けます。次にトラックパッドに注目します。

    Step 11

    友達であるMacRumorsの記事を読むと、私たちが知っているRetinaモデルに比べれば、このAirに搭載されたバッテリーを取り出す作業はさほど大変ではないという予感がしていました。

    Step 12

    Things are starting to look Air-y inside this golden chassis—we can almost see the finish line!

    Step 12

    このMacBook Airを陳列して、各パーツを眺めることができます!

    Step 13 — 分解を終えて

    MacBook Air Retinaディスプレイ2018のリペアビリティは10点中3点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.