Skip to main content

Fix Your Stuff

Right to Repair

Store

English
Japanese

iPhone XS/ XS Maxの分解

Guide Information

= Done = Incomplete

    Describe the specific part or component of this device you're working on. Ex: Battery

    Create a title.

    This brief summary will only appear in search results.

    Communicate background information before the reader dives into the guide.

    Guide Steps

    Step 1

    華麗なる大変身を遂げた昨年度モデルのiPhone Xに新iPhoneはとてもよく似ています。まるで、インテルから始まったチックタックアップグレードサイクルに戻ったようです。さて、これまで公表されてきた情報です。

    Step 2

    Gorilla Glass仕様のカバーだけで中身を判断できませんが、昨年の分解テーブルに載せられたXのカバーと大きな変化はありません。

    Step 3

    ここに重ねられたのが私たちの分解を待つten達です。

    Step 4

    Appleはモデル名の付与スキームを変えても、嬉しいことに開口方法だけは変えないでくれました。

    Step 5

    2つのモデルを同時分解するには人手がたりません。オーストラリアにいる筋肉質な助っ人にキックでやっつけてもらいます。

    Step 6

    ここでは、より高い耐水性能を実現する証拠を探しています。そこでデバイス間で一番広範囲に隙間が生じる箇所に注目しましょうーSIMカードスロットです。

    Step 7

    以前に一度だけこの構造のロジックボードを目にしました。2枚のボードを重ねたPCBサンドイッチを外すのは問題ありません。まずは上側の層には何が搭載されているでしょう。(XSが左側、XS Maxが右側)

    Step 8

    ズームして上部のロジックボードの裏側を確認します。

    Step 9

    もう少し奥まで行くと、RFボードが確認できます。(XSが左側、XS Maxが右側)

    Step 10

    RFボードのパート2です。

    Step 11

    次はカメラの時間です!通常、Sシリーズではカメラのアップグレードが加えられます。今回もAppleはカメラの新しいセンサについて語り尽くしました。

    Step 12

    脳と眼の解剖が終わったら、これらのモバイルフォンの動力をみていきましょう。

    Step 13

    さてAppleのバッテリー折り紙を詳細に見てみましょう。

    Step 14

    昨年、革命的だったテクノロジーはあっという間にスタンダードなものとなりましたーXSとXS MaxにもAppleの高度なFace IDを可能にするセンサアレイが搭載されています。

    Step 15

    デバイスの底面を剥ぎ取ってみると、ディスプレイチップと小さなケーブルの束があります。

    Step 16

    2種類のモデルのシンクロ型分解の最後はこのように並べてみました。

    Step 17 — リペアビリティのスコア

    iPhone XSとXS Maxのリペアビリティは10点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    Your contributions are licensed under the open source Creative Commons license.