Skip to main content

Fix Your Stuff

Right to Repair

Store

  1. 本体裏面にある4つの保護パーツを取り外します
    • 本体裏面にある4つの保護パーツを取り外します

    • 爪の位置を確認し、パーツを折らないように気を付けること

  2. 写真で示されたネジをすべて取り外す
    • 写真で示されたネジをすべて取り外す

    • M2.5×6(16本)

    • M2×5(2本)

    • ネジをすべて取り外した後、CDケースアセンブリを取り外す

  3. 次のネジをすべて取り外す
    • 次のネジをすべて取り外す

    • M2.5×12(8本)

    • M2×5(4本)

    • ネジを取り外した後、ABケースアセンブリに接続されているLED配線を切らないように気を付けて本体を取り外す

  4. 次のネジをすべて取り外す M2.5×8(48本)
    • 次のネジをすべて取り外す

    • M2.5×8(48本)

  5. Cabin背面の次のネジをすべて取り外す
    • Cabin背面の次のネジをすべて取り外す

    • M2.5×8(8本)

  6. Vertical Propeller Moduleに接続されている3本の配線を取り外す 配線の取り外し後、故障しているVertical Porpeller Moduleを取り外す
    • Vertical Propeller Moduleに接続されている3本の配線を取り外す

    • 配線の取り外し後、故障しているVertical Porpeller Moduleを取り外す

  7. Vertical Propeller Moduleを本体の溝に合うように設置する 本体を反転し、裏面から以下のネジを取り付ける
    • Vertical Propeller Moduleを本体の溝に合うように設置する

    • 本体を反転し、裏面から以下のネジを取り付ける

    • M2.5×8(8本) [39.2cN・m]

  8. モータのケーブルは3本あり、それぞれ同じ色のケーブルを接続する コントローラで下降・上昇の操作をした時、写真と同じ方向に回転していることを確認する
    • モータのケーブルは3本あり、それぞれ同じ色のケーブルを接続する

    • コントローラで下降・上昇の操作をした時、写真と同じ方向に回転していることを確認する

    • 操作と逆方向に回転している場合、赤と青のケーブルの接続を逆にする

  9. モータの回転方向の確認の終了後、3本のモータケーブルに絶縁の為、収縮チューブを付ける
    • モータの回転方向の確認の終了後、3本のモータケーブルに絶縁の為、収縮チューブを付ける

  10. 写真の位置に下のネジを取り付ける
    • 写真の位置に下のネジを取り付ける

    • M2.5 × 8(48本) [39.2cN・m]

  11. 写真の位置に以下のネジを取り付ける
    • 写真の位置に以下のネジを取り付ける

    • 赤M2.5 × 12(6本)

    • 青M2 × 5(4本)

  12. 本体後部にある気密ボルトを取り外し、気密テスト用バルブを取り付ける ポンプで100kPaまで加圧する 加圧された状態で、本体を水の中に入れ、3分間空気漏れのないことを確認する
    • 本体後部にある気密ボルトを取り外し、気密テスト用バルブを取り付ける

    • ポンプで100kPaまで加圧する

    • 加圧された状態で、本体を水の中に入れ、3分間空気漏れのないことを確認する

  13. 写真の位置に以下のネジを取り付ける
    • 写真の位置に以下のネジを取り付ける

    • M2.5 × 6 (14本)

    • M2 × 5 (2本)

  14. 写真の位置に保護パーツを取り付ける
    • 写真の位置に保護パーツを取り付ける

    • プロペラの警告シールとシリアル番号の表示シールを張り付ける

Conclusion

お手元のデバイスを再組み立てするには、これらの手順を逆の順序で行ってください。

hornet

Member since: 04/04/2018

667 Reputation

5 Guides authored

0 Comments

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 0

Past 7 Days: 0

Past 30 Days: 0

All Time: 7