Skip to main content

Video Overview

This teardown is not a repair guide. To repair your Macintosh 128K, use our service manual.

  1. オリジナルのMacの小売価格は当時$2,495もしましたー現在の価格に換算すると、なんと$5,594.11(約611,000円/18年5月)になります。これほどの大金を注ぎ込んで、一体何が手に入ったのでしょうか? 8 MHz Motorola 68000プロセッサ 128 KB DRAM
    • オリジナルのMacの小売価格は当時$2,495もしましたー現在の価格に換算すると、なんと$5,594.11(約611,000円/18年5月)になります。これほどの大金を注ぎ込んで、一体何が手に入ったのでしょうか?

    • 8 MHz Motorola 68000プロセッサ

    • 128 KB DRAM

    • 9インチモノクロCRTディスプレイ、解像度512 x 342 (72 dpi)

    • 外付けシングルモデルの3.5インチフロッピーディスクドライブを付けると全容量400 KB

    • シングルボタンマウスと頑丈なキーボード

    • この80年代のお宝が目の前にありますが、実は私たちは1円たりともお金を払っていません。この製品は特別にVintage Mac Museumから貸与されたものです。本当にありがとうございました。そしてCult of Macはこの分解になくてはならない80年代の雰囲気を盛り上げてくれました。

  2. このタイムカプセルを開ける前に(このTime Capsuleではありませんよ)、この30年間でどれほどテクノロジーは進歩したのかじっくりと見比べてみましょう。 まず最初に84年のMac128K は512 x 342解像度で9インチCRTディスプレイを搭載しています。そしてモノクロです。右側は比較モデルのLate 2013 iMacです。21.5インチ、解像度1920 x 1080ピクセルで何百万色に対応しています。そういえば、オリジナルのiPhoneは解像度 320×480ピクセル、163 ppiでした。
    • このタイムカプセルを開ける前に(このTime Capsuleではありませんよ)、この30年間でどれほどテクノロジーは進歩したのかじっくりと見比べてみましょう。

    • まず最初に84年のMac128K は512 x 342解像度で9インチCRTディスプレイを搭載しています。そしてモノクロです。右側は比較モデルのLate 2013 iMacです。21.5インチ、解像度1920 x 1080ピクセルで何百万色に対応しています。そういえば、オリジナルのiPhoneは解像度 320×480ピクセル、163 ppiでした。

    • Appleはデータ転送のスピードが20 Gb/sのThunderboltを世界に広めようとしています。振り返ってみると、当時は何十億というレベルからは程遠く、高速シリアルポートが何千というBPSのデータ速度を可能にしました。

    • 少なくともAC プラグだけは昔も今も同じですよ。

  3. 30年間にも及ぶコンピューターの進歩は周辺アクセサリにも劇的な変化を及ぼしました。キーボードやマウスは今や薄型ボディのワイヤレス仕様で、分厚い黄色のメタル素材は使用されていません。 そして今、キーボードには矢印→のキーがあります!典型的なAppleのデザインでは、矢印→のキーが無く、当時奇妙な新アクセサリーであったマウスを使うしか方法がありませんでした。 Cult of Macのコメント: このデザインはしばらく継承されました。Appleは1998年に発売した初代iMacでSCSIとシリアルポートを廃止し、USBを導入しました。
    • 30年間にも及ぶコンピューターの進歩は周辺アクセサリにも劇的な変化を及ぼしました。キーボードやマウスは今や薄型ボディのワイヤレス仕様で、分厚い黄色のメタル素材は使用されていません。

    • そして今、キーボードには矢印→のキーがあります!典型的なAppleのデザインでは、矢印→のキーが無く、当時奇妙な新アクセサリーであったマウスを使うしか方法がありませんでした。

    • Cult of Macのコメント: このデザインはしばらく継承されました。Appleは1998年に発売した初代iMacでSCSIとシリアルポートを廃止し、USBを導入しました。

    • 2つのモデルを並べて比較してみました。シングルボタンの音声コマンドデバイスと、もう一方はマジックのように指先のジェスチャーテクニックにも対応するワイヤレス入力デバイスです。

    • 技術的な情報として、ボックス型のマウスはApple Mouse II、モデル番号はM0100です。Dタイプ超小型シリアルポート(正確にはDE-9)対応。滑らかな卵型のマウスはMagic Mouseです。

  4. さてモデル番号に移りましょう。Macintosh Model M0001です。(Appleは将来にわたって最大10000台モデルを発売できるように番号付与の枠組みが作られています。) この歴史を感じる製造ラベルには悲しいお知らせが記載されていますーその昔、Appleの若かりし頃でさえ、自分で勝手に修理しないでくださいとユーザーに警告しているのです。
    • さてモデル番号に移りましょう。Macintosh Model M0001です。(Appleは将来にわたって最大10000台モデルを発売できるように番号付与の枠組みが作られています。)

    • この歴史を感じる製造ラベルには悲しいお知らせが記載されていますーその昔、Appleの若かりし頃でさえ、自分で勝手に修理しないでくださいとユーザーに警告しているのです。

    • まさにここからー修理する権利を勝ち取るまでの挑戦が始まっているのです。

    • FCCラベルには真剣な面持ちで次のように表記されています。”もしお持ちのMacを自分で修理されると、お住まいの地域の無線妨害につながります”。(もしこの妨害が真実ならば、1984年にインターネットの音楽配信サービスは存在しているはずがありません。)

    • このMacが製造された当時でも Pro Tech Toolkitは変わりがありません。必要なツールは全てここに揃っているのですー昔も今も、そして未来も。

    • 私たちのツールを延長すれば、ケース奥深くに留められたT15ネジも外せます。

    • この形状通り、Appleはネジを隠しています。このモデルではバッテリードアの下に隠れていますが、私たちはネジを簡単に見つけました。さて、ネジが外れました。ここから過去を探るため、スパッジャーを侵入させていきましょう。

    • Cult of Macのコメント:幸いなことに、この時代のMacは接着剤が使用されていませんーそしてユーザー自らが交換可能なバッテリーを搭載していました。

  5. 宝庫が開きました:ぴったりの音響効果がここにないのが少し残念です。 このデバイス全体はバックケースからスライドすると外れます。電源、CRTディスプレイ、3.5インチフロッピディスク用ドライブと、この下に隠された基板が出現します。 バックケースのプラスチックケース内側に彫り込まれているのは、 スティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアック(Woz)、ビル・アトキンソン、アンディ・ハーツフェルド、ブルース・ホーン、ジェフ・ラスキンを始めとする歴史に名を残すメンバー達のサイン入りです。
  6. Android Fix Kits

    A new screen or battery is one kit away.

    Shop Now

    Android Fix Kits

    A new screen or battery is one kit away.

    Shop Now
  7. さて、私たちは許可されたエンジニアだけが立ち入れるエリアにいます。そしてディスプレイの微調整をする精密電位差計(ポテンシオメーター)を発見しました。 古き良きCRTは修理を配慮した構造でしたー言い換えると、狭いスペースに詰め込まれた今日のフラットパネルスクリーンに比べると格段にアクセスしやすいものです。しかし高電圧のため、誤操作すると非常に危険です。
    • さて、私たちは許可されたエンジニアだけが立ち入れるエリアにいます。そしてディスプレイの微調整をする精密電位差計(ポテンシオメーター)を発見しました。

    • 古き良きCRTは修理を配慮した構造でしたー言い換えると、狭いスペースに詰め込まれた今日のフラットパネルスクリーンに比べると格段にアクセスしやすいものです。しかし高電圧のため、誤操作すると非常に危険です。

    • CRTガラスの鉛(Pb) は危険レベルです。

    • 現在と過去のご対面です。もし双方のモデルがあと30年間生き残れたら、次の未来に出会えるでしょう。

  8. CRTとキャパシタの間にある、まるで不発爆弾のような電源の接続を外します。 Appleは外側ケースにトルクスネジを使用して、出来るだけユーザーの手がMacintosh内部に侵入することを拒みました。しかし、一旦内部に入ると、プラスネジ、マイナスネジなど様々なネジが混在しています。
    • CRTとキャパシタの間にある、まるで不発爆弾のような電源の接続を外します。

    • Appleは外側ケースにトルクスネジを使用して、出来るだけユーザーの手がMacintosh内部に侵入することを拒みました。しかし、一旦内部に入ると、プラスネジ、マイナスネジなど様々なネジが混在しています。

    • Cult of Macのコメント:iMacよりも128K Macを解体する方が断然楽しいです!

  9. Mission Impossible のテーマソングに合わせて、パワーサプライを素早く安全に取り出します。感電死したテクニカルライターはいません…今のところ。 この60WのパワーサプライはAppleのパーツ番号630-0102です。
    • Mission Impossible のテーマソングに合わせて、パワーサプライを素早く安全に取り出します。感電死したテクニカルライターはいません…今のところ。

    • この60WのパワーサプライはAppleのパーツ番号630-0102です。

    • コンピューターとCRTディスプレイ全体に60Wのピーク電流とはかなり素晴らしいと思います。

    • iMacは186Wのパワーサプライで、128Kと比べるとかなり小さいプリント基板です。

  10. 最優秀テクノロジー賞はMacディスプレイに贈られます。この巨大なCRTは今日の超薄型Retinaディスプレイが作り出すグラフィックスにくらべると程遠いクオリティです。 真空管と偏向コイルの中にある頑丈で分厚い鉛の塊であるこの電子銃は80年代の象徴です!
    • 最優秀テクノロジー賞はMacディスプレイに贈られます。この巨大なCRTは今日の超薄型Retinaディスプレイが作り出すグラフィックスにくらべると程遠いクオリティです。

    • 真空管と偏向コイルの中にある頑丈で分厚い鉛の塊であるこの電子銃は80年代の象徴です!

    • Cult of Macのコメント:オリジナルのMacintoshは1bitのモノクロディスプレイでしたが、WYSIWYG (What You See Is What You Get:見た通りのものを得ることができる)がもたらすグラフィックとデスクトップパブリッシングの革命時代が幕開けしたのです。

  11. 30年前でも、Appleは綺麗に整列された内部デザインを採用していました。若干力がいるものの、基板がトレイからスライドして取り出せます。
    • 30年前でも、Appleは綺麗に整列された内部デザインを採用していました。若干力がいるものの、基板がトレイからスライドして取り出せます。

    • このMacには冷却システムがありません。Motorola 68000には若干の換気スペースがあるものの、それだけです。

    • 68kと呼ばれるこのプロセッサは驚くほど人気のあるチップです。Macintoshだけでなく、Sega GenesisCommodore Amiga, Atari STTI-89グラフ電卓でも使われています。

    • Cult of Macのコメント:68kはAppleのMacintoshの先駆けモデルであるLisaにも搭載されています。

  12. Mac 128Kの基板には注目すべきチップが搭載されています。 Motorola MC68000G8マイクロプロセッサ
    • Mac 128Kの基板には注目すべきチップが搭載されています。

    • Motorola MC68000G8マイクロプロセッサ

    • Fairchild Semiconductor 74LS393 ビデオカウンタ

    • Micron 4264 64 kb RAM (64 kb x 16 chips = 1024 kb, or 128 KB)

    • 128Kという名称はこのアップグレードできないRAMアレーから由来しています。所有者たちはもっとパワーが欲しいと願うことを期待して、Appleのエンジニアたちは密かに512KBバージョンの基板も製造過程でデザインしていました。実際、128Kの発売からわずか9ヶ月後に、512KBモデルが発売されました。

    • Simtek C19728とC19729 32 KB ROM (32 KB x 2 ICs = 64 KB)

    • Simtek 344-0041-A "Integrated Woz Machine" ディスクコントローラー

    • ZilogZ8530PS Serial Communications Controller

  13. ここには何があるでしょうか? 答えは、新テクノロジーを牽引していた3.5インチのフロッピーディスクです。5.25インチフロッピーディスクは過去のものとなりました。
    • ここには何があるでしょうか?

    • 答えは、新テクノロジーを牽引していた3.5インチのフロッピーディスクです。5.25インチフロッピーディスクは過去のものとなりました。

    • Cult of Macのコメント:Macintoshは前モデルLisaに搭載されていた"Twiggy" と呼ばれる5.25インチフロッピーディスクでこの128Kを発売するところでした。しかし、絶妙なタイミングでSONYが3.5インチドライブを発売したのです。そのため寸前で、3.5インチに変更しました。

    • カチカチカチカチ……

    • ある人はこれほどメカニックなキーボードがカチカチと音を立てるほど心地良い音はないと言います。

    • それはさておき、このビデオでタイプしている内容が分かったかたは、懸賞として便利なポケットサイズのバッテリー取り出し用ツールを差し上げます。

    • 当選者発表です!ユーザー名vwlou89さんがコードを解明しました。郵送で懸賞をお送りします。

  14. 数本ネジを取り外すと、キーボードの内側を眺めることができます。 しかし、それ以上のレベルは検証できません。各ボタンは基板に半田付けされているからです。 Cult of Macのコメント:キーボードケーブルは標準のRJ9 ハンドセットコネクタ(4P4Cモジュラープラグ)が使用されていますが、ピンタイプが異なります。ということは通常の電話用コードでは代用できません。
    • 数本ネジを取り外すと、キーボードの内側を眺めることができます。

    • しかし、それ以上のレベルは検証できません。各ボタンは基板に半田付けされているからです。

    • Cult of Macのコメント:キーボードケーブルは標準のRJ9 ハンドセットコネクタ(4P4Cモジュラープラグ)が使用されていますが、ピンタイプが異なります。ということは通常の電話用コードでは代用できません。

    • 電話とコンピューターの奇妙な融合はもう二度と目にすることはありません。(といいつつ、現在の私たちの周りには融合されたものが多くあります)

  15. さてマウスの解剖です!ご心配なくーこれは高校の生物学授業で経験したものよりももっと人道的なものです。 ひねるとすぐに目の球が飛び出します。 Cult of Macのコメント: このメカニカルマウスの内部を清掃するという、もう戻ってこない昔の思い出が蘇ります。
    • さてマウスの解剖です!ご心配なくーこれは高校の生物学授業で経験したものよりももっと人道的なものです。

    • ひねるとすぐに目の球が飛び出します。

    • Cult of Macのコメント: このメカニカルマウスの内部を清掃するという、もう戻ってこない昔の思い出が蘇ります。

    • 内部を開口すると、大量のプラスチック製内臓がでてきます。2つのクワッドラチャエンコーダと幾つかある抵抗器。驚くことに、確認できるのはこれぐらいです。

    • このシンプルなデザインによって、コスト低下につながりました。マウスから複雑な電気回路を取り除いたことでシステムの信頼性が向上しました。今後しばらく続く、安価なデスクトップ用マウスの布石を敷いたのです。

  16. Macintosh 128Kの修理難易度は10点満点中7点です。(10点が最も修理しやすい指標) 一度内部にアクセスできれば修理は簡単で、フロッピードライブ、電源、基板やCRTディスプレイなどの主要なコンポーネントは交換できます。
    • Macintosh 128Kの修理難易度は10点満点中7点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    • 一度内部にアクセスできれば修理は簡単で、フロッピードライブ、電源、基板やCRTディスプレイなどの主要なコンポーネントは交換できます。

    • 接着剤が使用されていません。

    • ユーザー自らが交換できるバッテリー搭載。

    • 限定付きでアップグレード可:RAMは基板に半田付けされているため、交換は不可。内部ドライブを追加するためのスロット/ポートはありません。しかし、オプションとして外付けフロッピードライブを経由すれば容量を拡大できます。

    • 奥深くに取り付けられたネジと堅く閉じられたパネルにより、ケースは開口するのが困難です。

    • 電源とCRTは高電圧が流れているため、修理は潜在的に危険な行為です。

Special thanks to these translators:

100%

Midori Doi is helping us fix the world! Want to contribute?
Start translating ›

9 Comments

I can remember upgrading a Mac - kinda scary since new it cost me like $3,000! All went well and I did a couple of more for friends.

The Lisa was much easier to work with - the stuff just slide out like a tray. Had one that had been converted by Sun Computer in UT. I was the envy of all my friends with that machine - 'big' screen!

Richard Stevens - Reply

I didn't see anything about discharging the CRT tube. And important step if you are working on such old technology.

Sam Weiss - Reply

The RAM 'could' be replaced. I know, because I can remember upgrading my 128k machine to 512k on my kitchen table. I wouldn't recommend anyone try it because it's a lot of chips to unsolder.

http://tieudunghay.com/threads/xu-huong-...

http://www.1nhap.vn/threads/9847-Nghe-th...

http://suckhoe123.com/index.php?forums/c...

thuysearching - Reply

a  e  s  t  h  e  t  i  c

camilojcock - Reply

Can iFixit do another Take-Apart that is a little newer?

Alec Mitchell - Reply

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 4

Past 7 Days: 72

Past 30 Days: 333

All Time: 192,208