Introduction

内蔵AirMac Extreme 802.11gカードの取り付け手順

(海外ではAirPortという名前で売られていますがAirMacというのが日本名になっています。これには理由があり、日本ではすでに関西電機がAirPortという名前を商標登録しているため日本と海外では名前が異なっています。)

コインを使ってバッテリーラッチを時計回りに90°回してください。
  • コインを使ってバッテリーラッチを時計回りに90°回してください。

Add Comment

持ち上げてコンピューターから外してください。
  • 持ち上げてコンピューターから外してください。

Add Comment

本体の後側にあるバッテリーの仕切りに等間隔に配置された3本のPhillipsネジを外してください。
  • 本体の後側にあるバッテリーの仕切りに等間隔に配置された3本のPhillipsネジを外してください。

  • ネジは金属製メモリーカバーに固定されているため、失くす心配はありません。

  • (翻訳者のコメント)日本で売られているJIS規格準拠のドライバーでPhillips(フィリップス)ネジを回せないことはないですが、形が完全に合ってるわけではないので無理に回そうとするとネジ山が削れて最悪の場合組み直しが出来なくなる可能性があります。Phillipsネジ用のドライバーはホームセンター等に行けばPHxxxまたはPH#xxxという表記で売られています。(xは数字で、先端の小さい順から000,00,0,1,2...という風になっています)。あるいはiFixitのストアでも売られていますのでそちらをお買い求めください。

Add Comment

L字型のメモリーカバーを手前に引っ張り、コンピューターから取り外してください。
  • L字型のメモリーカバーを手前に引っ張り、コンピューターから取り外してください。

Add Comment

下記の3つのネジを外してください:
  • 下記の3つのネジを外してください:

    • ケースの真ん中にあるの長さ11mmのPhillips #000ネジ(ネジ頭:直径5mm,厚さ0.75mm)が一つ

    • 長さ14.5mmのPhillips #000ネジ(ネジ頭:直径5mm,厚さ0.75mm)が二つ

  • もしネジがケースに引っ付いてしまう場合、磁気付きドライバーでくっつけるとネジを外すことが出来ます。

  • 三つの内で一番短いネジが真ん中にきます。

Add Comment

バッテリーとの仕切りの後に付いている下記の三つのネジを外してください。
  • バッテリーとの仕切りの後に付いている下記の三つのネジを外してください。

    • 長さ3mmのPhillips #0ネジ(ネジ頭:直径2.75mm)が一つ

    • 両端に長さ4mm Phillips #0のネジ(ネジ頭:直径2.75mm)が二つ

Add Comment

バッテリーの右側の仕切りの両端にある下記の二つのネジを外してください。(バッテリーコネクタに近い方のネジはバッテリーコネクタを固定しているだけなので外す必要はありません。)
  • バッテリーの右側の仕切りの両端にある下記の二つのネジを外してください。(バッテリーコネクタに近い方のネジはバッテリーコネクタを固定しているだけなので外す必要はありません。)

    • 長さ6.25mmのPhillips #000ネジ(ネジ頭:直径4mm,厚さ0.5mm)が二つ

Add Comment

本体の前側のバッテリーの仕切りにある画像の赤丸で示した四つのネジを外してください。左から、2番目,4番目,7番目,9番目のネジです。
  • 本体の前側のバッテリーの仕切りにある画像の赤丸で示した四つのネジを外してください。左から、2番目,4番目,7番目,9番目のネジです。

    • 長さ3.25mmのPhillips #000ネジ(ネジ頭:直径4mm,厚さ0.4mm)が四つ

Add Comment

コンピューターの後側にある下記の四つのネジを外してください:
  • コンピューターの後側にある下記の四つのネジを外してください:

  • 長いネジは内側、短いネジは外側両端になります。

    • 長い11mmのシャンク付きPhillips #00ネジ(シャンクの寸法:直径2.2mm,長さ2mm)(ネジ頭:直径3.2mm,厚さ0.5mm)が二つ

    • 長さ7.25mmのシャンク付きPhillips #00ネジ(シャンクの寸法:直径2mm,長さ3.75mm)(ネジ頭:直径3.2mm,厚さ0.5mm)が二つ

Add Comment

コンピューターの光学ドライブ側にある二つのネジを外してください。
  • コンピューターの光学ドライブ側にある二つのネジを外してください。

    • 長さ5.2mmのシャンク付きPhillips #00ネジ(シャンクの寸法:直径2.3mm,長さ3.5mm)(ネジ頭:直径3.2mm,厚さ5mm)

  • 光学ドライブと反対側の同じ一番にあるネジは飾りなので外す必要はありません。

Add Comment

天板のキーボードおよびトラックパッドはリボンケーブルでロジックボードと接続されているため、まだ絶対に無理やり引き抜こうとしないでください。リボンケーブルが切れてしまうおそれがあります。
  • 天板のキーボードおよびトラックパッドはリボンケーブルでロジックボードと接続されているため、まだ絶対に無理やり引き抜こうとしないでください。リボンケーブルが切れてしまうおそれがあります。

  • 画面の近くからコンピューターの前側へと一回りするように梃子(てこ)の原理で天板を外しましょう。plastic opening toolや硬めのギターピックを使うと楽に外せるでしょう。

  • 天板の光学ドライブ上部はくっついているようなので、まずくっついていない光学ドライブの両側にギターピックなどを入れて梃子で天板を外してください。

  • 外す作業が終わった後、キーボードを留めている4つの灰色のプラスチックのクリップ外れていることがありますが、焦らないでください。CDドライブ周辺右端の角にクリップをはめる部分があり、そこにクリップをスライドしてはめれば問題ありません。

Add Comment

天板を持ち上げながら、銀色のケーブルのコネクタ部分の黒いタブを上に引っ張ってコネクタを外してください。 もし黒いタブが無い場合スパッジャーを梃子の原理で使えばコネクタハウジングからコネクタを外すことが可能です。このコネクタは長いため、確実にまっすぐ上に外してください。 天板を外す際に天板に付いているケーブルを切ってしまった場合でもiFixitはケーブルを個別で販売していますのでご安心ください。交換ガイドもあり、簡単にできます。
  • 天板を持ち上げながら、銀色のケーブルのコネクタ部分の黒いタブを上に引っ張ってコネクタを外してください。

  • もし黒いタブが無い場合スパッジャーを梃子の原理で使えばコネクタハウジングからコネクタを外すことが可能です。このコネクタは長いため、確実にまっすぐ上に外してください。

  • 天板を外す際に天板に付いているケーブルを切ってしまった場合でもiFixitはケーブルを個別で販売していますのでご安心ください。交換ガイドもあり、簡単にできます。

  • 天板を外している間、埃や髪の毛等を取り除く機会としてみてはいかがでしょうか。ベストなのは圧縮された空気の入った缶を使うことです。建材で作られた固いブラシ(一般的な動物の毛を使ったもの)でやると静電気が発生しコンピューターを壊しかねません。

  • 組み立てなおすにあたり、4つの灰色のプラスチッククリップはキーボードの光学ドライブ側にあることをご確認ください。(二枚目の画像を参考にしてください。)キーボードがしっかりと固定されるようにクリップをしっかりと取り付けてください。

  • 組み立てなおす工程を楽にするには、クリップ部分を寄せてやるほうが良いでしょう。強い力でやると破損の原因となるのでご注意ください。

  • (翻訳者のコメント)キーボードを固定する際強い力でくっつけないと固定されないので、光学ドライブの挿入口が強い力で歪む恐れがあります。DVD等のディスク一枚といらなくなったクレジットカード等を二枚重ねに挿入口に半分まで入れておくと歪む心配がありません。

Add Comment

MacBook本体の左端にあるAirMac Extremeカードから3つのアンテナケーブルを外してください。下の記述に従って上へとそっとまっすぐ抜いて外してください。 ケーブルを外す順番ですが、左から右につまり黒→青→灰色の順に外してください。
  • MacBook本体の左端にあるAirMac Extremeカードから3つのアンテナケーブルを外してください。下の記述に従って上へとそっとまっすぐ抜いて外してください。

  • ケーブルを外す順番ですが、左から右につまり黒→青→灰色の順に外してください。

  • お持ちのMacBookがCore 2 Duo Santa RosaまたはPenrynコア搭載モデルの場合、アンテナケーブルは2つのみで、左から右に黒、灰色となっています。

Add Comment

下記の2つのネジをAirMacカードから外してください:
  • 下記の2つのネジをAirMacカードから外してください:

    • 長さ3mmのPhillipsネジが一つ

    • 長さ8mmのPhillipsネジが一つ

Add Comment

AirMacカードの上の部分をしっかりと持って、パソコンの画面の方向へとスライドしてコンピューターから取り外してください。
  • AirMacカードの上の部分をしっかりと持って、パソコンの画面の方向へとスライドしてコンピューターから取り外してください。

Add Comment

Finish Line

One other person completed this guide.

Uhucream

Member since: 10/04/2015

36 Reputation

6 Guides authored

Team

Japanese Translators Member of Japanese Translators

Community

1 Member

6 Guides authored

0 Comments

Add Comment

View Statistics:

Past 24 Hours: 1

Past 7 Days: 3

Past 30 Days: 19

All Time: 1,068